上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                
                   兄タンが結婚することになりました~~


           ぼちぼち結婚準備に入った姉タンの方が早いかと思ったんですが、
             今、流行りの?(流行っているのかは最中ではないけど(^_^;))
              授かり婚で 兄タンの方が早くなってしまいました。。。


            このまま順調に行くと来年1月早々に私もお婆ちゃんになります
                  (お婆ちゃんなんて呼ばせないわよ~~ん


     付き合って6年、お互いに社会人なのであと1~2年のうちには結婚するであろうとは
             思っていましたが、ちょっとビックリするやら嬉しいやら。。。
       
                   でも、家族が増えるって嬉しい事ですね。。。


             先週、彼女のお家にパパと一緒にご挨拶に行って来ました


             昔は風呂敷を持って行ったのもですが、今はどうなんだろう??

    今は何でもお菓子類、それも最中が良いと聞いて美味しい最中を買いに行きました♪♪

         お熨斗は??と聞かれかけて下さいと願いしたけど、はてさて、何て記す??

         お店の方にこう言う訳で。。。とお話ししたら「ご挨拶」「御菓子」と記すのだそう

                     では、「御菓子」でとお願いしました!!


            2014-06-23-19-50-06_deco.jpg


       水引は結切りと言い、固く結ばれ解けないことを願い婚礼関係などに用いるようです。
              また、二度と繰り返さないようにとの願いを込めて弔事関係や 
                    お見舞・全快祝い、災害見舞いなどにも。。。


                           mizu03.gif

                               結切り




           今回かけて頂いたこの熨斗紙の水引はあわび結びの変形みたいです!!
      結び目が複雑に絡み合っていて、解こうとすれば解けるが容易には解けない意味合いと、
              互いの輪が互いに結びあっていて長生きと長持ちの印とされ、
       昔から重宝がられた鮑の形に似ていることから、いついつまでも良きお付き合いをとの
                 願いを込めて慶事と弔事の双方に用いられるようです。
            
          
        結切りに対し、花結びは結び目が簡単に解け何度も結び直せるとの意味合いから、
            何度も繰り返したいとの願いを込めて、婚礼以外の一般祝事を初め、
                     出産やお礼・ご挨拶などに用いるようです!!

                           mizu01.gif
                               花結び



      今まであまり考えもしなかった水引の意味も奥が深く、またひとつ勉強になりました


            今は仲人さんも立てなければ、結納もやらないと言う形式が多いようです。


             結婚式は子供が生まれて落ち着いた頃と計画しているようです
          
              彼女のつわりが治まった頃を見計らって引っ越しとなりそうで、
            今は彼女の体調の良い時に2人でアパート探しをしていますょ。。。

           新所帯なので揃えるものも多く、落ち着くまではバタバタしそうです
               
            

        まだ若い2人の事ですが、これからもどうぞ温かく見守って頂ければと思います



                       取り急ぎ、ご報告とお知らせまで。。。





            





   
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。